環境配慮への取り組み 今、印刷業界においても環境対応対策として何ができるのかが問われています。弊社では、使用後に産業廃棄物となる製版フィルムを必要としないCTPや大気汚染の原因となる石油系溶剤を含まない大豆油インキ、再生紙などを積極的に導入・採用してきました。このたび、VOC排出量を大幅に削減でき、有害な物質が多く含まれる湿し水を全く使用しない、環境対応型印刷といわれる「水なし印刷」方式を導入しました。
併せて、「私たちはいったいどれくらい環境へ負荷をかけているのか」を知るべく、経済産業省委託事業である製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業に参加しました。その指導の下でLCA(Life Cycle Assessment)を実施しました。

水なし印刷とは?
印刷工程において、IPA(イソプロピルアルコール)等の有害物質を含む湿し水を使わず、刷版制作工程では、有害な廃液が発生しない「環境に配慮した」印刷方式です。
水なし印刷ロゴ当社は日本水なし印刷協会に加盟しています。
このマークは協会員が水なし印刷方式で印刷した製品にのみつけられます。

WPA http://www.waterless.org/
日本WPA http://www.waterless.jp/
通常オフセット印刷(水あり印刷)では、まず刷版(印刷するためのハンコ)上に露光・現像して凸凹をつくり、印刷時に凹部に“ 湿し水” を呼ばれる水を流し込むことにより、水と油がはじく性質を利用して凸部にのみにインキがつく仕組みを利用して印刷します。それに対し「水なし印刷」では、凸部にインキをはじく特性をもつシリコン層を使用することにより、凹部にのみインキが流れる仕組みをとっているため、有害な物質が多く含まれている“ 湿し水”をまったく使用せずに印刷することができます。環境対応を図るためには廃液を出さない「水なし印刷」こそ、時代にふさわしい印刷方法なのです。
図
サンプル

大栄サービス株式会社 様CSR 報告書
水なし印刷・Non VOC インク・
森林認証紙を使用
LCAの実施 LCAとは?
ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment)の略。製品やサービスについて資源の採取から製造、使用、廃棄に至るまでを環境の観点(地球温暖化や資源消費など)から詳細に分析・評価する手法です。
封筒への水なし印刷におけるLCA 目的
弊社の特長でもある小ロットの水なし印刷、その中でも力を入れている既製封筒への水なし印刷における環境負荷を把握するためLCA を実施しました。また、この結果を用いて今後弊社が取り組み可能な、より環境負荷を軽減できる方法を検討しました。
フローチャート 結果
LCAを実施することにより、長3封筒2,000 枚のライフサイクルにおける温室効果ガス排出量は、CO2 換算で53.2 kg であると分かりました。また、全工程の中でも、版の製造や紙・封筒の製造等社内工程以外の部分での環境への負荷が大きいことも分かりました。
グラフ 枠